女性心理 罪悪感の気持ちから避ける

罪悪感の気持ちから避ける、女性心理とは?

スポンサーリンク

罪悪感の気持ちから避ける、女性心理とは?

 

男性なら一度女性を好きになったらストレートにアピールするのに、女性はそう簡単にいかないのが現実ですよね。一筋縄ではいかないその曖昧さにやきもきしている男性も少なくないことでしょう。

 

好きなのに相手のことを避けてしまう女性は非常に多いものです。また、相手のことが好きでなく、その気持ちに謝るような「ごめん避け」をする女性もいます。そうかと思えば、罪悪感の気持ちから避けるなんて女性もいるそうですよ。

 

では、女性はどんな罪悪感から男性を避けるのでしょうか?

スポンサーリンク

ひとつめは、自分自身への自信のなさです。確かに男性のことを好きではいるものの、自分に自信がないために「自分なんかがその男性を好きになってもいいのか」と思ってしまうのです。それでも心の奥底には男性を好きな気持ちがあることには変わりがないので、避ければ避けるほどに本当の気持ちとの溝が出来てしまいます。その溝が罪悪感を助長して、一層気持ちが不安定になってしまうのでしょう。

 

一方、その男性に恋人やパートナーがいる場合だと、露骨に罪悪感を覚えて避ける、ということもあります。これも、気持ち的には「自分なんかがその男性を好きになってもいいのか」との遠慮の気持ちがありますが、状況としては別物ですね。いくら相手の男性のことが好きであっても、その男性が自分だけのものにはなりえないとわかったとき、それ以上積極的にアプローチできなくなります。それが後ろめたさにつながって、不自然な避け方をしてしまう原因になるのです。

 

こうして見ていくと、うしろめたい気持ちから男性を避ける女性には、本人としても辛い事情があることが見てとれます。一つ目の自信がない女性に関しては、何とか自分に自信を持ってもらうよう待つしかなさそうですね。二つ目はちょっと難しいケースなので、これ以上先に進むよりは一度立ち止まって冷静になる時間を持った方が良さそうですね。それぞれのやり方で対応してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加