好き避け 男性 態度

好き避け男性の態度とは?

スポンサーリンク

好き避け男性の態度とは?

 

本当は相手のことが好きなのに、素直な態度になれずについつい避けるような雰囲気になってしまう。こうした気持ちとは裏腹な態度の表れをいわゆる好き避けといいます。恋愛系のドラマや映画、漫画などでよく見かけるシーンですよね。

 

そんな好き避けは主に女性がするものだと思われがちなのですが、実は男性だって好き避けをします。そこで今回は、男性が好き避けをしたらどんな態度になるのかについてお話しします。

 

一番わかりやすい態度は、多少ぶっきらぼうな感じです。特に思春期真っ最中の男性は何かにつけて尖っていないと気がすまないので、相手が好きな女性であってもなかなか素直な態度になることができません。女性のことが気になっているのにわざと冷たい態度をとってみたり、露骨に避けるような仕草をしたりなど、女性にとってはショックに思えることばかりです。そんな態度をとっておきながら実は女性のことが好きなので、相手の男性の本心を知ったら驚かずにはいられませんよね。

スポンサーリンク

ここで思春期の男性の例を挙げましたが、基本的に男性はそこからほとんど成長しません。好きな女性相手に物怖じせず進んでいければそれでいいのですが、それができない男性は多いものです。そのため、大人になっても好きな女性にぶっきらぼうな態度をとってしまう男性は少なくないのです。

 

それでいながら、女性のことをしっかり見ています。人間、どんなに気をつけていても自分の好きなものを目で追う習性を本能的に抑えることは不可能ですからね。ふとしたときに目が合ったり、視線を感じたりなど心当たりがあるならば、その男性から好き避けをされているかもしれません。

 

ただ、思春期からある程度の年月が経っていることから、好き避けであってもそれほど面倒でわかりづらいものではないでしょう。大人になって女性に話しかける勇気を少しはついていることでしょうから、比較的スムーズに好き避け期間を乗り越えられるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加