好き避け 好意

スポンサーリンク

ごめん避けの特徴とは?

 

本当は相手のことが好きなのに、わざと嫌うような、避けるような態度になることを、一般的に「好き避け」といいます。恋愛系のドラマや映画などでよく見かけるシーンですが、実際には現実でもありますよね。

 

それに対し、「ごめん避け」というものもあります。こちらは好意を寄せる相手にその気持ちはないことをアピールするための避け方だと言えます。ただ、好き避けもごめん避けも表面的には非常に似ているため、間違えやすいケースも少なくないことでしょう。

 

そこで、今回はごめん避けの特徴についてお話しします。

スポンサーリンク

ごめん避けは、好意を寄せてくる相手に対して恋愛感情を持っていないために相手を避ける行為です。そのため、その避け方には照れや緊張といったものは存在しないと考えていいでしょう。そのかわり、「ごめんなさい」と言うかのように申し訳なさそうに避けるイメージが強いと言われています。

 

こうした避け方をするのは、その人が非常に礼儀正しく人の気持ちを思いやれる性格だからだと言えます。普通なら、特に好きでもない人からのアプローチを受けるといい気分ではありませんし、あまり長く続けられると不快感を覚えるようになります。これが進んでしまうと本気の「嫌い避け」になってしまうのですが、そうすると相手にダメージを与えかねません。ごめん避けをする人はそうして相手にダメージを与えることなくなるべく穏便にその場をやり過ごそうとします。

 

目が合ってもさりげなくそらす、なるべく一緒になるような環境を選ばないなど、わざとらしくない程度で避けてくることでしょう。またデートなどのお誘いなども丁寧な雰囲気で断ってくることが多くなります。

 

せっかく好意を持ったのに避けられるのはこちらとしてもショックですが、相手の方も気を使ってくれているのです。その気にはなれない好意を寄せてくる相手に気を使うのも結構大変なことなので、ごめん避けに気づいたらなるべく早く諦めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加