好意 好き避け ごめん避け 職場

職場で好意を感じると好き避けやごめん避けをする理由

スポンサーリンク

すぐ近くにいる相手からの好意を感じる瞬間というものがあります。
これはじっと見つめられていることに気付いた、自分だけいつも特別扱いされているのを感じるようになった、というときです。
 しかし、同じ職場にいる同僚から好意を送られたら、それを必ず歓迎できるかと言えば、そうでもありません。
 何故かと言いますと、勤務規則で社内恋愛を禁じているところもあるし、恋仲であることが仲間内に知れ渡ると、いろいろと面倒になるからです。
 そのため、好き避けをしたり、ごめん避けをする人が出てきます。
 好き避けとは、好きな相手だからこそ避けようとする行為を指します。
これは視線で判断することが可能です。
人間は嫌いな相手のことをじっと見つめるような真似はしません。
 しかし好き避けは、日頃の言動が素っ気ないことが多く、当事者や周りにいる人間もそれをしている人の気持ちをくみ取ることは容易ではありません。
 ただ、意地を張りすぎると後悔すると感じる人は多いため、そのうちに態度が改まることはあります。

スポンサーリンク

 では、ごめん避けを職場でする人の特徴とは何かと言いますと、相手からの好意に気付かないふりをすることとなります。
 これは相手の気持ちに気付いていながら、それに答えないのは不誠実だが、告白されていないのなら、別に問題はない、という距離の取り方でもあります。
 優柔不断な態度に終始しているように見えますが、これは職場における自分の立場や地位を守るための防衛措置の一つなのです。
 同じ職場にいる相手に告白されてからそれを拒絶すると、どうしてもその後ぎくしゃくしてしまいます。
これは定期的にクラス替えのあった学生時代には見られない現象です。
 ごめん避けをする男性は、それが分かっているからこそ、決定的な破局を避けるため、相手の気持ちに気付かないふりを続けるのです。
 もっとも、これを保身のための態度とばかりも言えません。
職場の和を保つのに必要な措置とも言えるからです。
 仕事のことを大切に思っているからこそ、もめ事を避けるというのは、社会人にとって必要な行為の一環なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加