好意 ごめん避け 男性 特徴 対処

女性からの好意をごめん避けする男性の特徴と対処法

スポンサーリンク

 女性からの好意に鈍感な男性は昔から少なくありません。
これは恋愛に対しシャイな人が多いためであり、性別による特徴だと言えます。
 しかし、相手からの好意を察していながらもそれをのらりくらりとかわす男性もときにはいます。
これは単なる駆け引きではなく、いわゆるごめん避けに該当します。
 ごめん避けとは何かと言えば、恋愛対象だと思っていない相手から告白されると、断るのが面倒だから、始めから応じるつもりはないと、態度や口調で示すのが特徴となります。
 これは人間関係のトラブルを避けるための、対処法という面も持ちます。
告白されてから断ったら、相手から逆恨みされる恐れもありますが、始めから応じるつもりはないと態度で示しておけば、無用な騒動は避けられるからです。
 学生時代であれば、それでもきちんと決着をつける方が好ましいのですが、社会人ともなるとそうもいきません。
職場の同僚との仲がこじれると、立場にも影響します。
 そのため、このような対処法が好まれるのです。

スポンサーリンク

 ごめん避けをする男性の特徴としては、他に相手との距離感を保つのが上手なことがあげられます。
 これは向こうが近づいてくると感じたとたんに、接近された分だけ距離を開けようとすることを指します。
 この行いは、相手との決定的な破局を避けるための措置だと言えます。
本気で嫌いなら、目も合わさないようにして、完全に無視すれば済むのですが、そこまでやる気もないというのを内外に示す形になるからです。
 また、ごめん避けをする相手のことを、彼らは人間として嫌っていないというのも特徴に含まれます。
同僚や友達として付き合う分には問題がないのだが、恋愛対象として見ることができないのです。
 彼らはメールなどから好意を感じても、適当にはぐらかして対処します。
相手を誤解させるような言動を取らないだけ、実は親切だという見解も成立します。
 仕事の方に集中したくて恋愛に割く時間はないと考えている男性もそれをする傾向にあるため、その人が恋愛に対しどの程度の価値を認めているか、それが分かれ道になることもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加