好意 好き避け お互い

好意を抱いている相手とお互いに好き避けをしているときは

スポンサーリンク

 好意を抱いている相手とお互いに好き避けをしている場合は、間接的なコミュニケーションが効果的です。
緊張や恥ずかしさから好き避けをしている方の場合は、メールやチャットのコミュニケーションツールを使えば上手に関係を築くことができます。
お互いに相手の気持ちを確認するためにも、メールやチャットを使って「相手の本心」を聞きだしてください。
直接本人とコミュニケーションをとって相手の本心を聞きだすことはなかなか難しいですが、メールやチャットの場合は自然に相手の気持ちを聞きだすことが可能です。
それに緊張や恥ずかしさ、引っ込み思案の方はメールやチャットの方が素の自分でいられるので、臆することなく会話をすることができると思います。
好意を抱いている相手と距離を縮めるためにも、間接的なコミュニケーションで相手との関係を築いていくようにしてください。
そうすればお互いに、自然な関係でコミュニケーションをとることができると思います。

スポンサーリンク

 ただ間接的なコミュニケーションだけでは、次のステップには進めないので注意が必要です。
そのためには直接本人とコミュニケーションをとって、もっと積極的にアプローチするようにしてください。
好きだからこそ避けてしまう「好き避け」を克服するためにも、慣れてきたら自分から相手に声をかけるのも重要になってきます。
何度か声をかけていくうちに、きっと相手も自分の会話に耳を傾けてくれるはずです。
どうしても自分だけでは会話が弾まないと思った方は、友達などに協力してもらっていい感じのムードを作ってもらうのもアリだと思います。
慣れてきたら二人だけの時間を大切にして、一緒に遊びに行くのも効果的です。
新鮮な場所や雰囲気が良い場所などでゆっくりとコミュニケーションをとれば、相手との距離もグッと縮まると思います。
後はあなたが勇気を出してアタックするだけなので、好意を抱いている相手に自分の気持ちを素直に伝えてみてください。
きっとあなたの気持ちに相手も応えてくれるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加