好意 好き避け 女性 特徴 メール

女性の好意がある好き避けを見抜くメールや特徴とは

スポンサーリンク

 好意をもっている女性が何故か自分にだけよそよそしい態度をしたり、女性から話しかけてきてくれないと嫌われているのではないかと不安になって悩んでしまうものです。
でも完全に無視されているかというと、話している時は嬉しそうだし嫌がられている様子もない場合は「好き避け」の可能性があります。
女性は自信が無いと好きという気持ちを知られたら恥ずかしいという感情からわざと避けたり素っ気ない態度を取ってしまうものなのです。
「好き避け」は心では仲良くなりたいと思っているので、よく注意して観察してみると無意識のうちに好意があるサインを送っています。
恋愛に慣れていない女性に多く見られる「好き避け」かどうかを判断する特徴のひとつは視線がポイントだといえます。
動物や赤ちゃんはよく興味があるものをじっと見つめる特徴があります。
女性も自分では気付かないうちに好きな男性を目で追いかけてしまいます。
しょちゅう目が合うことがあれば好意を持っている証拠です。

スポンサーリンク

会話中も真剣に話を聞いてくれて、その際はちゃんと目を見てくれていて話にうなづいてくれたり共感していたり、笑顔を絶やさずにいたり、大きなリアクションを取っていたり、「それからどうなったの」など話の内容を広げてくれたり、また目を見つめ返すと慌てて目をそらすのは脈ありの場合の特徴です。
他愛もない短いメールがきたり、可愛い絵文字の使用、文末は疑問形で終わっている時は、少しでも長くメールを続けたい願望が隠れています。
本当は即効でメールの返信をしたいのに2、3日後に返ってくるなどは好意があることがバレてしまうのを恐れての態度なのです。
好意がある男性以外とは緊張せずに話ができるので、わざと他の男性と仲良くしてヤキモチを焼かせるのも「好き避け」行動の特徴で、逆にこちらが他の女性と仲良くしていると急に不機嫌になったり冷たい態度になってしまいます。
素直になれないシャイな「好き避け」行動を理解すれば、さらに距離を縮める近道がみつかります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加