好意 職場恋愛 嫌い避け

好意ではない、職場恋愛の嫌い避け

スポンサーリンク

職場恋愛というものに抵抗を持つ人は少なくありません。
これは何故かと言いますと、勤務規定で禁止しているところも多く、場合によればトラブルの原因となるからです。
 では、いわゆる好き避けと嫌い避けをしてしまう人をどうやって見分ければよいのかと言いますと、視線をチェックすることが近道となります。
 人間は好意を抱いている相手のことを、自然と目で追ってしまう生き物です。
これは目は口ほどにものを言うということわざでも表現されています。
 そのため、日頃素っ気ない態度を続けているのに、特定の異性だけを気がついたら見つめているという人は、その人のことが気になっているのです。
 一方、嫌い避けをする人は、嫌悪感を抱いている相手のことを見ようとはしません。
これは話をするときの態度からも分かるようになっています。
 携帯電話を操作しながら話す、他の仕事をやりながら、目線も合わさずに事務的な会話だけするというのが、その特徴になっています。

スポンサーリンク

 職場恋愛に対しネガティブなイメージを持っている人ほど、嫌い避けをしやすい傾向にあります。
それはどうしてかと言いますと、好意のサインと取れるものを相手に誤って送って、それが誤解に繋がるのを避けたいからです。
 そのため、嫌い避けをやる人は露骨に態度で示し、周囲にも自分の感情を隠さないようにするのです。
 こうした態度は、メールのやりとりにも及びます。
彼らは嫌いな相手から送信されてきたものならば、可能であれば無視し、無視できないのであれば、用件だけを短文で伝えるというスタイルで対応します。
 文面から好意を感じ取ることはまず不可能で、これも職場恋愛への対処法の一つだと言えます。
 また、彼らは飲み会など立場上顔を出さねばならない席に行くときも、嫌いな相手からは遠い場所に座るようにします。
 これは嫌いな相手の近くに座りたくないという気持ちがあるのと、酔ったときに何を言い出すか分からない、という不安があるためです。
 このように、嫌い避けは分かりやすいため、対処は容易です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加