好意 好き避け 嫌い避け 職場

職場で好き避けや嫌い避けが起きる理由、好意の見分け方

スポンサーリンク

 職場恋愛というものは、昔からよくある話で、それが夫婦の縁の始まりだったという人は珍しくありません。
 しかし、いわゆる好き避けや嫌い避けをする人もまた多数います。
 では、何故こうしたことが起きるのかと言えば、恋愛に対し警戒心を強く抱いている人が多いからです。
 好き避けの特徴は、視線に現れます。
普段は素っ気ない態度で応じている相手なのだが、気がついたら見つめているというのであれば、まずそれは好意からそうしていると解釈しても大丈夫です。
 彼らが職場にいる同僚相手にそんな態度を取る理由は、好意を悟られるのが単純に気恥ずかしいというのと、告白して振られたら気まずくて顔を合わせることができなくなる、と考えているからです。
 また、過去に似たようなことをした経験があり、それがトラウマになっている可能性もあります。
恋愛とは身近なものであるだけに、他者の興味関心を引きつける傾向にあり、気がついたら引っ込みがつかなくなっていたという事例は多いのです。

スポンサーリンク

 では、嫌い避けはどうなのかと言いますと、こちらもまず視線をチェックするようにしましょう。
 嫌い避けは好き避けとは違って、特定の異性を見つめることはありません。
むしろ嫌いだと感じている相手から意識して目をそらすようにします。
 好きな相手と目が合ったとたんにそらす人との区別は、眉と頬となります。
 その相手が嫌いだと感じている人だと、思い切りしかめられる傾向にありますが、好きな人が相手だと眉は自然な形で、頬は赤らむものだからです。
 会話中の表情もまた重要チェック項目となります。
好意を抱いている相手とのそれならば、視線は外し気味でも相手の顔をきちんと見て、時折笑顔が挟まれるものですが、嫌いな相手だとろくに目も合わさず、しかも無表情であることが多いからです。
 職場にいる同僚の人間関係が気になるという人は、観察力を養うようにしましょう。
人間は無意識のうちにしている行動が本心だというのが少なくありません。
 気長に取り組んでいるうちに答えが見えてきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加