好意 好き避け 女性 バレンタイン

好き避けをする女性の好意とバレンタイン

スポンサーリンク

 好きな相手だからこそ、意識的に避けてしまうという行いを、俗に好き避けと言います。
これは学生のみならず社会人でもする人がいるため、見かけたことがあるという人は少なくありません。
 一般的に恋愛に対し積極的であると言われている女性でも、それをやる人はいます。
彼女たちは気になる異性にこそ素っ気ない態度で応じ、相手から嫌われているのではないか、と思わせてしまうのです。
 これは本人の性格だけが理由ではありません。
責任ある立場にある人間が個人的な好意を優先させる訳にはいかない、というブレーキが利くからです。
 そのため、地位のある女性ほど好き避けをする傾向にあると言われています。
 では、彼女たちは報われない思いを抱えたまま、時を過ごすことになるのかと言えば、必ずしもそうではありません。
 イベントが多い日本では、女性の方から思いを告げても構わない瞬間が一年でも何度かあります。
その代名詞がバレンタインであり、彼女たちはそのときに好意を告げる傾向にあるのです。

スポンサーリンク

 バレンタインは興味がない人でも、町中がそれ一色に染まるので、何とはなしに目にとまります。
そのため、嫌でも意識させられます。
 好き避けをしてしまう女性は、基本的に恋に対し臆病です。
そのため、告白するきっかけを求める気持ちは強く、それをバレンタインに求めるのです。
 もっとも、このときも好意をうまく表現できない人はいます。
気合いの入りすぎたものを送ると、相手から逆に嫌われるのではないかと考え、市販品で済ませるという具合です。
 しかし、相手に異性として意識していると伝えることは叶うため、全く無意味ではありません。
 なお、相手に直接チョコレートを手渡すのが恥ずかしいと感じる女性は、相手の机の中などにそれを忍ばせる傾向にあります。
これは直接口で伝える勇気はないが、この日ばかりはと一歩前進した証拠だと言えます。
 男性側は嫌われていると感じていた女性から贈り物をされるだけで驚く傾向にありますが、これも彼女たちなりの好意の表れだと解釈し、素直に受け止めるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加