好意 嫌い避け 職場 男性

職場で嫌い避けをする男性の特徴、好意との見分け方

スポンサーリンク

 職場での恋愛となると、慎重になる人が珍しくありません。
これはそれは同僚と恋仲になったのが周囲にばれると、冷やかしを受ける上にいろいろと面倒になるからです。
 そのため、男性は好意を隠すことが多いとされています。
これは社会的立場がそうさせているという面もあります。
恋愛に時間を取られるようになると、仕事がおろそかになると考える男性は多く、周りに迷惑をかけないためにも、個人的な感情にふたをしようと考えるのです。
 こうした行いは、一般的に好き避けと言われています。
好きな相手だからこそ避けてしまうという、ある意味で屈折した心理の表現です。
 その好き避けと対をなすのが、嫌い避けです。
こちらは読んで字の如く、嫌いな相手だから避けるという行為を指します。
 両者をどうやって区別すればよいのかと言いますと、視線がどうなっているかを確認するようにしましょう。
 好き避けならば、無意識のうちに好きな異性を追いかけているものですが、嫌い避けだと絶対に目を合わそうとしません。
そこがポイントです。

スポンサーリンク

 同じ職場にいる相手と全く会話せずに過ごすというのは、物理的にも立場的にもまず不可能です。
そのため、相手に対する感情は抜きにして、言葉を交わす必要があります。
 そのとき、相手にどのような感情を抱いているかで、対応が変わることになります。
 好き避けならば、視線はそらしがちでも、頬を赤らめたりするため、その好意を何となく察することができます。
 その一方で、嫌い避けだと無表情のまま必要事項だけを告げ、会話を早々に打ち切る傾向にあります。
これは事務的にそうせねばならなかっただけなのだと、内外に分かりやすく表現したものとなります。
 同じ職場にいる相手に対し、あからさまな嫌悪の念を示すというのは、一般的に褒められた真似ではありません。
しかし、好意のサインと解釈できるものを相手に送り、それが誤解の種になると、より面倒になることが世の中には少なくありません。
 このため、男性が嫌いな異性に対し素っ気ない態度を続けるのは、人間関係の維持に心を砕いているからだとも言えます。
 少なくとも分かりやすいため、誤解を招くことだけはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加