好意 嫌い避け 視界

好意のあるなしを視界から見抜く方法、嫌い避けとの区別

スポンサーリンク

 他人からの好意をくみ取るというのは、簡単なようで難しいものです。
これは嫌われていると思っていた相手から告白された、という経験を持つ人ならば分かりやすいものとなっています。
 この場合、好意を相手に悟られるのが気恥ずかしくて、素っ気ない態度をとり続けていたのだが、それが限界となり、思いの丈をぶつけたという形になるからです。
 そういう状態を一般的に好き避けと言いますが、その反対である嫌い避けとは一体何なのかと言いますと、それは読んで字の如く、相手のことが嫌いだから避けている、となります。
 こういう態度を取る人は、学生時代では珍しくありません。
社会人と比べると制約が少ない彼らは、自分が思っていることを正直に口にする傾向にあるからです。
 また、周囲も中途半端な対応をするよりはと、それを是とする風潮にあるため、そんなに問題になることはありません。
 しかし、定期的なクラス替えなどない社会人ともなると、そうはいかなくなりますので、それをやる人は激減する傾向にあります。

スポンサーリンク

 しかし、社会人になっても嫌い避けをする人はいます。
これを好き避けと区別する方法としては、視界のチェックがあります。
 人間は嫌いだと感じている相手のことを、基本的に視界に入れようとはしません。
そのため、いつも特定の異性の顔を見ようとしない、偶然目が合っても嫌悪感を剥き出しにして避けるという場合は、嫌い避けだと断定して差し支えありません。
 これは相手と話をしているときにもあてはまります。
携帯電話を操作しながら話す、仕事が忙しいという体裁を取りながら、適当な対応をする、という格好で気持ちが表現されるのです。
 また、集団で話をしているときでも、特定の相手とだけは直接会話しない、視線を思い切りそらすというのも、それに当てはまります。
 これを子供じみた行為だと批判するのは簡単ですが、間違った好意のサインを送り、それが原因で人間関係が崩れたという話は珍しくないため、これも和を保つために必要な措置だとも言えます。
 いつも決まった相手を視界に入れないようにしている人を見かけたら、もめ事を避けるためにそうしていると解釈しても構いません。
それも付き合い方の一つなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加