好意 嫌い避け 無視

好意を抱いている相手から嫌い避けをされて無視されたきの対処法

スポンサーリンク

 相手が嫌い避けをしてきて、「話しても無視される」といった方も多いと思います。
その場合はあなたが何らかの言動や行動で相手を傷つけてしまったから、そのような状態になっていると考えられます。
もし「自分は好意を抱いているのに相手は自分のことを嫌っている」と思ったら、時間をかけて関係を修復していくことが肝要になってきます。
その場合は、直接本人とコミュニケーションをするよりも第三者に協力してもらって相手の気持ちを確認した方がいいと思います。
嫌い避けをされている状況で話しても無視されたり、かえってマイナスなイメージになるので注意が必要です。
まずは相手の気持ちを確認することが重要になるので、友達や同僚に協力してもらってアドバイスをもらいながら、ゆっくりとコミュニケーションをとるようにしてください。
この状況で相手に好意を抱いているという気持ちを悟られると、かえって逆効果になるので注意が必要です。
まずは相手と普通に話せる状況を作るように心がけてください。

スポンサーリンク

 次に自分がアクションを起こすとしたら、間接的なコミュニケーションをとることです。
メールやチャットなどを使って、相手の気持ちを確認してみてください。
まずは理由を聞いて「何故自分が嫌われているのか」をちゃんと相手から聞きだすことが重要になります。
ただここで相手の気持ちを聞くときに強引に聞いたり、強要したりすると、かえって相手を怒らせてしまうので気をつけてください。
相手から嫌っている理由を聞いたら、そのことをちゃんと自覚して謝ることが肝要なことになります。
相手に自分の気持ちに応えてくれたら、そこからゆっくりとコミュニケーションを築くようにしてください。
嫌い避けで無視される状況を作ってからすぐに関係を修復するのは難しいですが、相手の気持ちをちゃんと理解しながらコミュニケーションをとっていけば、恋愛に発展することも可能です。
あくまでも最初は友達として、自分が好意を抱いていることは隠すようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加