好意 嫌い避けされたら

好意を抱いている相手に嫌い避けされたら

スポンサーリンク

一般的に嫌い避けとは嫌いな相手のことを避けることを指します。
これは人間の心理としてはある意味で当然なのですが、好意を抱いている相手に嫌い避けされたらどうすればよいのかと言いますと、よく分からないという人がたくさんいます。
 今回はそれを踏まえた上で、相手の態度から好き避けをされているのか嫌い避けをされているのかを見定める方法を説明していきます。
 好き避けと嫌い避けを見分けるコツは、視線をチェックすることにあります。
好き避けならば、気がついたら相手の顔を見ようとするものなのですが、嫌い避けだと意識的あるいは無意識のうちに、相手から視線をそらしてしまうものなのです。
 これは何かの機会に、二人きりで話すことになったとき、より顕著になります。
 好き避けならば相手と目線は合わせられずとも、頬を赤らめたりして、それらしい仕草も交えられるものなのですが、嫌い避けだと返事も適当になる上、早々に話を打ち切ろうとしてきます。
 目や仕草は、このように好意のあるなしを物語るのです。

スポンサーリンク

 好き避けと嫌い避けを計る上で役立つのは、携帯電話やパソコンを介して送れるメールです。
これは好きな相手から送られたものならば、返事も早くなるし、自然と長文になるものですが、嫌いな相手から送られたとなると、無視するか返事が遅れがちになり、しかも一回当たりの文書量が限られてくるのです。
 相手の気持ちを直に対することにより測りたいと考えている人は、何か用事を頼んでみましょう。
このとき、快く引き受けてくれたのなら、脈アリと言えますが、適当な理由をつけて断ろうとしてきたら、嫌われている可能性が高いと言えます。
 好意を抱いている相手に嫌い避けされたら、相手が自分の何を嫌っているのかをまず考えるようにしましょう。
それを改善するだけで、相手からの評価ががらりと変わるというのは、珍しい話ではありません。
 また、自分ではどうにもならない部分を嫌われているのだとしたら、開き直って新しい恋を探すのも手です。
 このように、好意を抱いている相手に嫌い避けされたら、臨機応変に対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加