好意 嫌い避け 男性 特徴

男性の好意と嫌い避けの特徴

スポンサーリンク

 男性は異性に対する好意をストレートに表現するのが苦手だ、という人が珍しくありません。
そのため、好意を感じている相手でも何となく避けてしまう傾向にあります。
これを一般的には好き避けと言います。
 男性のそうした傾向から、好き避けと嫌い避けを区別するのは難しいと言われています。
何しろどちらも相手のことを避けようとしているため、普段近くにいる人でも見分けがつかないのです。
 では、嫌い避けをする男性の特徴とは何かと言いますと、相手の顔を決して見ないようにしていることです。
 人間は基本的に嫌いだと感じている相手のことを見ようとはしないものです。
目は口ほどにものを言うということわざが、この場合はぴたりと当てはまります。
 そのため、嫌いな相手と何か話す必要があっても、彼らはそれを短時間のうちに済ませるか、可能な限り間に誰か挟もうとするのを、その特徴としています。
 これは好きな相手ならば、緊張しても会話はしようとするため、見分けがつくものとなっています。

スポンサーリンク

 嫌い避けをする男性の特徴は、視線や会話という直接的な部分以外にも出てきます。
彼らは好意を感じている相手から送られてきたメールであれば、すかさず返事を書くのですが、嫌いな相手が送ってきたものならば、あからさまに無視するか、長期間放置するかのどちらかだからです。
 そして返事を書いても渋々という格好になるため、文章は短く、素っ気ないのが特徴となります。
 会社の飲み会や社員旅行など、どうしても顔を合わせなければいけない局面が来た場合には、嫌いな相手と少しでも遠い場所に座ろうとするのが、嫌い避けをしている男性の特徴、その一つとなります。
 好き避けならば、こういうときぐらいはとばかりに、普段避けている相手に近づこうとするので、そこを見分けるのは容易です。
 このように、嫌い避けと好き避けには明確に違う部分が存在します。
職場の人間関係が気になるという人は、周りにいる人たちの動向をチェックしてみましょう。
答えは自ずと見えてきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好意がある男性の嫌い避けの態度とは
好き避けと好意