好意 嫌い避け 男性 態度

好意がある男性の嫌い避けの態度とは

スポンサーリンク

好きなのに恥ずかしくてわざと意地悪したり素っ気ない態度をとる「好き避け」に対して、興味がない女性から好意をもたれていることを察しているが応えることができない男性は「嫌い避け」という態度をしてしまうものです。
好意を抱いている男性から好きだから避けられているのか嫌いだからなのか本当はどう思われているかを見極める方法があります。
まず、一番分かりやすいのは視線です。
人は興味があるものはもちろんですが、嫌いなものでも怖いもの見たさのような好奇心から見てしまうもので、よく視線が合うから行為を持たれているのかと思ったら、すかさず目を見返してみます。
その時、恥ずかしそうだったり目がキョロキョロ慌てて動くようなら「好き避け」で、無表情で目をそらしたり再び目を合わせてこないようなら「嫌い避け」だといえます。
会話中に目を見て話をしてくれない、あまり相槌を打ってくれない、話している内容に興味がなさそうだったり話題を変えたり他の人と違う話をしだすなども「嫌い避け」の態度の表われです。

スポンサーリンク

会話中に身体の向きや足先がこちらを向いていない、離れた場所に移動してしまう、携帯や時計ばかり見ているなど明らかに早くその場を立ち去りたいオーラを出すのも「嫌い避け」の態度の特徴です。
何か頼みごとをした時に好意がある女性に対しては無理そうなお願いごとでも男性の良さをアピールするチャンスだとばかりに、なんとか引き受けてくれようとします。
「嫌い避け」の時は良い人と思われたくないという心理が働くので初めからよく内容も聞こうとはせず無理そう、誰か他の人に頼むよう促すなどして断る方向の態度をとるものです。
他の男性と仲良さそうにしていた後に急に冷たい態度をとられたり落ち込んだりしていたら無意識に嫉妬心を表現しているといえて、特別変わった様子や興味も示さず普段通りだった時は脈なしの可能性が高いです。
髪型や服装などを変えた時に即座に気づいてくれる場合は常に意識されているからで、まったく気づかないのは好意が無い証拠と言えます。
これらを理解すれば今後のコミニュケーションに役立たせることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

男性の好意と嫌い避けの特徴
好き避けと好意