好意 嫌い避け 職場 女性

職場で嫌い避けをする女性、好意との見分け方

スポンサーリンク

人間は気持ちが態度や仕草で表現される生き物です。
これは時代や国を問わない、ある種の真理だと言えます。
 では、職場で嫌い避けをする女性の特徴とは何かと言いますと、まずあげられるのが嫌いな男性とは目も合わさないようにすることです。
 俗に目は口ほどにものを言うと言いますが、これは女性の場合特に当てはまります。
 男性とは違って、思ったことをそのまま口にすることが多い女性は、嫌いな相手だと露骨に眉をしかめて視線を外すことが多いのです。
 これは同じ職場にいる男性にも当てはまります。
事務的な会話をする必要があるときでさえ、彼女たちは適当な理由をつけて、相手の顔を見ようとはしません。
 もっとも、あからさまな嫌い避けが人間関係を決定的に壊すことは希です。
相手の態度から好意を抱かれていないと感じた男性が、それに相応しい態度で応じることが多いからです。
 どんな相手とも仲良くする必要はありません。
衝突さえ回避できればよいという場合は、案外多いのです。
これも処世術の一つだと言えます。

スポンサーリンク

 嫌い避けは好意を感じていない異性と距離を開けるためのテクニックだという面もあります。
これはどういう意味なのかと言えば、誤った好意のサインを送り、それがきっかけで職場の人間関係がくずれることは多いからです。
 そのため、相手によって態度を使い分けるというのは、職場の和を保つために必要な措置だという面もあります。
 いわゆる好き避けか嫌い避けかを見抜くための方法として、話すときの姿勢をチェックするというのがあります。
 これは女性が嫌っている男性と向き合うときは、無意識のうちに防備を固める姿勢になっていることに起因しています。
 腕組みをしたり、肩をこわばらせたりしているのであれば、少なくとも相手に対し警戒心を抱いている、というサインになります。
 似たようなものとして、飲み会で座る場所の確認というものがあります。
 これは好き避けならば、普段は避けている相手のすぐ近くに座りたがるのですが、嫌い避けなら普段より拒絶反応が強くなる傾向にあるためです。
 観察眼を養えば、好き避けと嫌い避けの見分けがつくようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加