好意 好き避け line

好意があるけれど好き避けをしてしまう人のlineの特徴

スポンサーリンク

 好意があるにも関わらず、好き避けをしてしまう人のlineには、特徴があります。
それは、既読無視をすることです。
なぜ、このように既読無視をしてしまうのかというと、返信することが恥ずかしいからです。
普通の人であれば、好きな相手からのメッセージには、すぐに返信することが多いでしょう。
しかし、好き避けをしてしまう人は、違います。
すぐに返信をしてしまうことで、相手に自分が好意を持っていることを知られたくないために、すぐには返信できないのです。
相手からしたら、迷惑なことかもしれません。
しかし、好き避けをしてしまう人にとっては、仕方のないことなのです。
もしも、好きな相手が好き避けをしてしまうタイプだとわかっている場合は、返事を急かすことしない方が良いでしょう。
急かされてしまうと、余計に既読無視が続いてしまいます。
そのため、ゆっくりと、待つことが大事です。
また、相手の返信ペースに合わせて、返事をすることも良いでしょう。

スポンサーリンク

次の特徴は、実際に面と向かって話すときよりも、lineのほうが素直な受け答えをしてくれることです。
実際に面と向かって話すときは、誰に見られているかが分かりません。
そのため、好き避けをする人であると、周りの目が気になってしまい、緊張をしてしまうことが多いです。
恥ずかしくて目が見れず、思ったように、素直に話せないこともあります。
しかし、lineであれば、誰にも見られることもなく、知られることもなく連絡を取り合うことができます。
緊張がないことで、本来の自分らしさをだし、素直な気持ちを綴ってくることでしょう。
こういう時に、注意しなければならないことがあります。
それは、素直な気持ちを決してからかったり、馬鹿にしたりしてはいけないことです。
また、間違っても、ほかの人に話してはいけません。
このような時は、そっと寄り添って話を聞いてあげると良いです。
慣れてくると、実際に面と向かって話すときも、好意を出してくれることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

好き避けと好意