好意 女性 嫌い避け 特徴 態度

女性に好意を寄せる場合、嫌い避けの態度の特徴を知っておく

スポンサーリンク

 好意を寄せている女性に対して、好かれているのか嫌われているのか分からないときはとても気になるものです。
男性として親密になろうとしても、本心が分からなければ自身もつきません。
そんなときに知ってほしい女性の態度として、嫌い避けが見られるようであれば無理をしない方がいい場合もあります。
嫌い避けは態度に自然とあらわれてしまうので、特徴が分かれば判断もできます。
嫌い避けの特徴としては、女性は接し方が基本的に平等のように見えて、実は態度に出てしまいます。
好意を寄せているアピールをしたとしても、受付けられない場合はますます出てしまうものです。
どういうときにその特徴が分かるかと言えば、話し方や顔の表情、そして反応や気遣いなどです。
もし相手が気になるようであれば、だいたいのことが好意的な印象に見えます。
しかし、迷惑だと感じる場合はどこかぎこちなく、不安になるような印象を与えてしまいます。
何となく気になる態度が見られた場合は、少し考えた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

嫌い避けで見る顔の表情では、よそよそしく笑顔もそれほどない場合は可能性が大きいです。
誰に対しても笑顔を心がける女性は多いですが、なかなか目を合わせなかったり、下を向いているような態度は顔にもう出てしまっています。
また、話し方もそっけなく、早口で話してしまうのも自然ではありません。
好意がある人に対しては、優しくて相手の話しもよく聞こうとします。
悪気があるわけではないのですが、ついつい本音が出てしまうようになるのです。
また、メールのやり取りでも、返信が遅かったり、内容がたんぱくであれば疑いは強いです。
返信が早くて気持ちの入った内容であれば好意が見えてきますが、反対の場合は難しいと見てもいいでしょう。
ただ、もともとこういう性格の人も中にはいますので、それを理解した上で判断しなければいけません。
会話をしていても話しが続かなかったり、話題を振ってくれない場合も嫌い避けである可能性があります。
そして、女性がよく行う気遣いも、嫌い避けである場合はわざわざ行動に出ようとは思わないようです。
勘違いさせてしまうという意味なのかもしれませんが、上手く見極めていく必要があります。
ただこれも最初から気遣いをしない女性もいるため、全てそう決めつけてしまうのはよくないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加