好意 好き避け 女性 性格

【好意があるのに避ける】好き避け女性の性格とは

スポンサーリンク

 好意を抱いている男性を避けてしまう女性のことを好き避け女性と呼び、最近急増しているそうです。
彼女たちの性格に共通しているのは「シャイである」「自分に自信が無い」という2つです。
シャイな女性は好きな人に話しかけられるだけで緊張してしまい、相手の顔をまともに見ることが出来ません。
従って好意を寄せる男性に近づくことそのものに抵抗感をおぼえ、好き避けしてしまうのです。
自分に自信が無いという性格の女性は、好意のある男性に対し「あんなに素敵な人が自分のことなど見てくれるわけない」「下手に近付いて嫌われるのが怖い」などと思い、臆病になっています。
どちらの性格に関してもそれを治すというのは非常に難しいことです。
更に多くの好き避け女性がそのどちらの要素も兼ね備えている場合が多いので、これを改善していくことはかなり困難であるといえます。
従って、もし自分の好きな人が好き避けする性格の持ち主だった場合、相手の心が開くまでゆっくりと時間をかけてアプローチしましょう。

スポンサーリンク

好き避けする人も相手に好意を抱いていることに変わりはないので、相手に優しくされれば嬉しいですし、もし相手が困っているとすれば助けたいと思います。
なのでさり気なく仕事のフォローをしてみたり、悩み相談などを持ちかけたときの態度で好き避けを見抜くことが出来ます。
具体的にはフォローへのお礼を言うときに目を合わせることはないものの頬が赤くなっていたり、僅かにでも微笑んでいる場合は脈があるかもしれません。
更に悩みを相談した際に彼女なりに真剣に考えて対応してくれる場合も望みがあります。
しかし、シャイで自分に自信が無い女性は相手にいくら好意があってもガツガツこられると、対応出来ず引いてしまいます。
従って、まずはメールなどを利用して文字でのコミュニケーションを取るところから始めてみることをお勧めします。
対面してしまうと緊張してしまう彼女も、顔の見えないメールやSNSなどでは素直になってくれるかもしれません。
時間はかかるかもしれませんが、2人の未来のために慎重に行動しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加