好意 好き避け ライン(line) 未読 無視

好意があるのに好き避けライン(line)も未読で電話も無視

スポンサーリンク

最近、好き避け女子が増加傾向にあります。
好き避けとは、好意がある男性に対して、無視をしたりそっけない態度をとって避けてしまうことです。
好きなのに、なぜそんなややこしいことをするのか、女心は難しいですね。
ですが、それはただ恥ずかしいだけなんです。
好きだと相手に悟られるのが恥ずかしいからつい避けてしまうんです。
相手のことを想う気持ちが強いほど、避けてしまいます。
好き避けは、おとなしくて内向的な女子に多くみられます。
デートに誘われても、嬉しいくせに断ってしまったり、電話にも出なかったり、ライン(line)が来ても、あえてすぐには返信しません。
すぐに返信をしたら、好意があることがばれてしまうかもしれないからです。
また、返信をしないどころか、既読すらつけないことも多いのです。
すぐにライン(line)を読める状況にいる暇な人だと思われたくないため、未読にしてしまうです。
なんだか面倒なタイプだと思うかもしれませんが、一途で優しい性格の女子に多いので、付き合ったらきっと長く続くと思います。

スポンサーリンク

しかし、デートに誘っても断られてしまうし、ライン(line)も未読だし、電話も無視されてしまうという好き避け女子と、どのように付き合ったら良いのでしょうか。
それは、一度断られたくらいで諦めないことが大切です。
一度デートを断られると、ショックでなかなか二回目は誘いにくいものです。
でも、好き避けさ女子は、二回目を誘われるのを待っていますよ。
勇気を出してもう一度、誘ってみてください。
電話を無視された場合も、勇気を出してもう一度かけてみてください。
二回目は出てくれる可能性が高く、また、二回着信履歴を残すと、女子の方からかけ直してくれることもあります。
ライン(line)が未読のままになっているときも同様です。
しつこい男に思われそうだと不安になりますが、めげずに送ってみましょう。
相手は待っているはずです。
ただし、好意があっての好き避けではなく、本当に嫌がっている場合もあるので、気を付けなければなりません。
よく見極めることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加