好意 好き避け 完全 無視

好意と好き避けと完全に無視することについて

スポンサーリンク

 異性に完全に無視されている場合は、通常は全く発展する可能性がないと考える人が多いでしょう。
ですが、その前後で好意が感じ取れるような言動があれば好き避けを行っているという可能性もあります。
なので、完全無視されるまでに至った経緯を思い出してみてその問題点を解消することで、好き避けを打開できるのではないでしょうか。
相手が完全に無視をしているくらいですから、無理に接点を持ったり関わろうとするのはその時点では止めておくのが無難でしょう。
関係がこじれることが考えられますし、無視だけでなく他の人も巻き込んで拒絶されるということもありうるためです。
なので、原因が特定されるまでは辛抱強く待ってみるのを推奨します。
後、原因を見つけるために悩み過ぎるのは止めるべきなのです。
いろいろなことが重なっての状況と言えるためです。
それに、そのことだけを考えるよりも他の人と関わって気分転換を図ってみる方が、離れて見られるようになって新たな道が開けることも多いのです。

スポンサーリンク

好意的な言動があるにも関わらず、接点も持とうとしてもなかなか関われないのを好き避けとするなら、相手が自分から更に寄って来るのを待つという方法もあるのではないでしょうか。
これをして待ちの姿勢で接しておけば、これ以後の好き避けを極力回避することにも繋がるでしょうし、傷付くことも減らせるでしょう。
そもそも、好意的なのに好き避けをするような性格などから完全無視という状況があるかという疑問に対してですが、ないとは言えないと考えられます。
人と人というのはいろいろな関わり合いのケースがありますし、様々な状況・性格の人がいるためです。
なので、その異性とどうしても付き合いたかったり親しくなりたいなら根気強くアプローチしていくのが望ましいでしょう。
異性は他にもたくさんいるわけなので、最後の最後はダメ元でアタックしてみたり嫌われることを覚悟の上で完全無視の理由を聞いてみるという手法も考えられるので、最終手段として覚えておいて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加