好意 好き避け 誘い 無視

好意のある誘いと好き避けの無視の違いとは

スポンサーリンク

 男性と女性では恋愛に対する考え方も根本的に違うものであり、男女の恋愛心理はとても微妙で難しく、時に相手に誤解を与えてしまうこととなります。
例えば女性側からのお誘いはしづらかったり、男性でも相手が自分に対して好意があると分からないとなかなかデートに誘えないというような方もいます。
では、好意のある誘いとはどういったものでしょうか。
好意のある誘いは実に誠実なものです。
さらに、お互いに好意をもっていれば基本的に相手からの連絡には無視はしないと思いがちですが、恥ずかしさや自信のなさからか好き避けという好きなのになぜか無視してしまうという方もいるのです。
好き避けをしてしまい相手からの連絡を無視してしまうといこともあります。
特に好き避けは恋愛の初期、つまり知り合って間もない頃に起こってしまうものなのです。
知り合って間もない頃というのはまだまだお互いの気持ちが分からず、相手を試してしまうということも多いのです。

スポンサーリンク

では、知り合って間もない頃に起こりうる好き避けをどのように克服していけばよいのでしょうか。
やはり、相手の気持ちがはっきりと分かっていない時に好きだと思われてしまうことは恥ずかしいものです。
ですが、考え方を変えれば相手に好意をもってもらうことはとても嬉しいことであり、何も恥ずかしいことではないのです。
では、好き避けをしている場合の無視とはどういったものなのでしょうか。
好き避けの場合は言葉のどこかに相手への心遣いを感じるものです。
「明日は行けないけどまた今度行きましょう」など単なるお断りとはどこか違っています。
その為、連絡がきた場合は断られたという事実だけでなく文面をよく観察してみることも必要です。
自分に自信をもち素直に好きな人には好きといえる人はかっこいいと思います。
自分に素直な人のほうが異性にもてるということも確かです。
好意をもっている相手からの誘いについ無視してしまう気持ちも分かりますが、駆け引きではなくもっと前向きに自分の人生と向き合ってみる勇気も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加