好意 女性 嫌い避け 特徴 態度

好意を寄せる女性が嫌い避けをしているか、態度から分かる特徴とは

スポンサーリンク

 「好きなあの子がなんだかそっけない…」と悩みを抱えている男性にとって、相手の女性の心理を探ることは重要です。
なぜならば、そっけない態度を取る理由が、果たして「好き避け」と「嫌い避け」のどちらから来ているのか、確認する必要があるからです。
好き避けの場合は、好意を抱いているものの、緊張や臆病さからそっけなくしてしまうことになります。
このような状況を打破するためには、更なるアピールをしていくことが欠かせません。
ところが嫌い避けの場合はその反対です。
好意とは真逆の感情を抱いているから避けているのであり、これでは恋愛に発展するのはとても困難であると言わざるを得ません。
問題は、前述の通り「相手の女性の本音はどちらにあるか」が分かりづらいことにあります。
「実は好き避けだったのに、嫌い避けと勘違いをしてしまった…」ということも珍しくありません。
折角のチャンスがものにできないのでは大変残念ですので、それを見極めるための「態度の特徴」を確認しておくことが欠かせないのです。

スポンサーリンク

女性の態度から好意の有無をチェックするポイントは、主に二つあると言われています。
その一つ目の特徴は「視線」です。
なかには「異性と目が合わせられない」という人もいますが、「一切視線が合わない」あるいは「視線があった直後に無表情で逸らされる」という場合は、嫌い避けに該当する可能性が高まります。
「何気なく目が合う」や「視線があった後で逸らされるまでに、相手が表情を変える、あるいは少しの間がある」といった場合は、照れや戸惑いが入り混じっている、つまりは好意の気持ちがあると考えられるのです。
二つ目の特徴は「体の仕草」です。
苦手な相手に対しては「腕や足を組む」「体の向きをそらす」といった防衛本能が無意識に働く傾向にあると言われます。
このため、会話をする時に常にそのような態度を取る場合は、苦手意識を持たれていると考えられるでしょう。
他の人とこっそりと比較してみて、確認すると確信が持ちやすくなります。
真っ直ぐに自分のことを見てくるようであれば、恋愛に至らないまでも好意を持っている可能性が高まりますので、積極的に声をかけることがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加