好意 好き避け ライン(line) 未読 無視

好意ある相手にライン(line)を未読で無視するのは好き避け

スポンサーリンク

 好意のある相手に対しては、ライン(line)やメールは積極的に送ったり返信したりするのが普通です。
ですが、好き避けの場合は逆に無視することもあります。
好き避けとは、好きなのに当人や周りに好意がバレるのが怖くて逆に避けてしまうという行動のことです。
このような行動は、自分への自信のなさや、バレたときの恥ずかしさ、気まずさなどから起こります。
どうせこの恋はうまくいかないと思いこんでいるときにも起こりがちです。
このように自信がない場合、好意があっても行動にうつすことができません。
軽度の好き避けならば、返信することはできたり、二人きりならば自然に振る舞える人も多いのですが、極度に自信がない人の場合、全く何もできないこともあります。
ライン(line)がきても、何を書いていいかわからないので無視してしまったり、既読スルーするのをおそれて未読のまま放置してしまうこともあります。
未読ならば気づかなかったですませることができると思い、既読にすらできないという人もいます。

スポンサーリンク

このような反応をされた場合、好意があるのかどうかを見極めるのは難しいといえます。
ライン(line)は様々な連絡手段の中ではかなり難易度の低い連絡手段といえるため、無視されたり未読のままの場合はアプローチを変える必要があるでしょう。
このような対応をとる相手には、むしろ直球勝負がおすすめです。
二人きりになる機会を狙って、連絡が届いているかどうかを尋ねてみましょう。
本当に気づいていない可能性も0ではありません。
本当に気づいていなくて、尋ねたことにより連絡ができるようになるならば脈はゼロではありません。
尋ねたときにすっとぼけて、その後も連絡がないようならば脈は薄いとみていいでしょう。
尋ねたときに非常にどぎまぎして、緊張しているような態度ならば、好き避けから起こった行動であると考えられます。
脈はありだと考えていいでしょう。
その場合は、こちらも好意をもっているということをかなりわかりやすく示す必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加