好意 好き避け 完全 無視

好意を持つ相手を完全無視して好き避けしてしまう

スポンサーリンク

 好意を持つ相手に良くない対応をする、いわゆる「好き避け」をしてしまう女性や男性が、近年増えています。
無視・目を見て話せない・他の人に会話を振ってしまう・好きな人だけを遊びに誘わないなど、完全に逆効果な事なかりやってしまいます。
最もひどい好き避けは、好意を持つ相手を完全に無視してしまう事。
これによって高い確率で、相手は自分には興味がないと勘違いしてしまいます。
さらには、愛想の悪い人、人として誠実に対応が出来ない人として認識されてしまう恐れもあります。
恋愛対象から完全に外されてしまうだけでなく、大好きな人から軽蔑されてしまう可能性があるという事です。
人は、印象を容易に変えられません。
一度持った印象を覆すのは非常に長い時間や労力が必要になります。
もし、男性側が気持ちを知ったところで、自分と向き合わない女性を選んで待つなどという面倒な事はしません。
好意を持つ相手を無視して好き避けする行為で、得するのはライバルたちなのです。

スポンサーリンク

では、好意を持つ相手を無視してしまうほどの好き避けをどう回避すればいいか。
それには、いくつかの方法があります。
まず第一に、相手も人間で自分と同じ土俵にいると認識する事です。
彼は特別だという思いだけではなく、彼は特別だけど、私と同じ人間なんだから緊張してもしょうがないと言い聞かせるのです。
次に、自分があまり意識していない異性から、避けられたり無視されると、どんな気持ちになるか考えます。
自分のやっている事が逆効果であるという事を身に染みて痛感できます。
最後に、自分の欲求を真正面から見つめる事。
好きな人がいるという事は、本当は好きな人に振り向いて貰いたいし、話をして分かり合いたいと思っているはずです。
愛を育みたいし、結婚もしたいと思っているかもしれません。
その時、その人に向き合う自分は、きっと笑顔で対応しているはず。
そのためのプロセスに足を踏み入れないようにしているのは、自分なんだと気が付ければ、変わる勇気がわいてくるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加