好意 好き避け 誘い 無視

【好き避け】好意のある男性からの誘いを無視する女たち

スポンサーリンク

好意を寄せる男性が、せっかく食事の誘いをしてくれたのに無視してしまった…なんて経験がある女性はいませんか。
あなのその行動は俗に言う「好き避け」かもしれません。
好き避けとは読んで字のごとく、好きな人を避けてしまうという行動を指します。
一見すると矛盾してみえる行動ですが、相手のことを想うが故に緊張して上手く話せなくなってしまったり、嫌われることを恐れるがあまり相手を避けてしまうという経験がある方は少なくはありません。
とある調査によるとなんと女性の3割以上が好き避けを経験したことがあると回答しているのです。
だからといって安心していいわけではありません。
いつまでも好き避けを続けていては、自分の好意は一生相手に伝わりません。
ここではそんな好き避け女性の方に克服法のアドバンスをいくつかご紹介します。
これをしっかり実践すれば次に誘いを受けた際には無視することなく堂々とOKできるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

まずは、自分に自信を付けることが大切です。
好きな人を避けるという矛盾した行為の裏にあるのは「どうせ自分なんて相手にされるわけない」「下手に相手と関わって嫌われるのが怖い」という少々卑屈な感情です。
これを乗り越えるためには自分に自身を付けるのが一番です。
例えばダイエットをしてみたり、何か資格を取得してみたり、メイクや料理の腕を磨くなど、その方法は人によってさまざまです。
最初は自分の興味のあることや好きなことから始めてみると良いでしょう。
またこれは恋愛のみならず、全ての人間関係において言えることですが「相手の立場に立って考えてみる」ということがとても大切です。
自分が好意のある人に誘いをかけて無視されたら、どう思いますか。
悲しいと思いませんか。
すぐには誘いを受けられなくても、相手を嫌っているわけではないということを少しずつでも態度に表しましょう。
まずは挨拶から始めてみると良いです。
挨拶はするのもされのも、気持ちの良いものなのでそこから爽やかにスタートしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加