好意 好き避け 無視する

好意に対して無視する好き避けをする人の対処法

スポンサーリンク

相手に対して好意を持っている場合に、普段よくしゃべる人でない場合には周りの人と話してそれとなしに好意を持っていることを伝えることはだれもがよくやることです。
しかし人によっては好き避けのために無視することで関与しないことを選ぶ人もいます。
これはされる方にとっては悲しいことですが、好意を持たれている人にとっては遠まわしにお断りしているので気づいてほしいという思いがあります。
しかしはずかしがっていると思われたり女性など異性に対してそういった経験が少ないためでどうしたら良いのかわからないからだと思われることもあり、好き避けをする理由は本人に確認しないと本心はわからないものです。
しかし無視をする相手に話しかけることは難しいものです。
個人的に話にいこうとしても逃げられるだけになるので大人数の飲み会などに参加して気の許せる人と一緒に話をする機会をもつことが有効です。
特に飲み会の席であれば気持ちもリラックスしており、アルコールがまわっていると相手の口数も多くなります。

スポンサーリンク

好き避けをしているところは周りの人にとっても気になり、あまり良いものではありません。
そのため好意をもってくれている相手に対して早めに好意がないことをわからせてあげて、次の相手を探す機会を与えてあげる方が良いです。
無視することで逃げ続けると周りの人からの目も気になりますし、無視することは相手の人にとって失礼にもあたります。
なので個人的に誘って話を切り出すには相手に対して期待を持たせることになるため、複数人で飲みに行くことにしてそれとなく相手に対して気がないことを伝えることが相手に対しても自分にとっても一番良い方法といえます。
相手に伝える時にもみんなの前ではなく、それとなしにその相手に対してのみ伝えてあげましょう。
みんなの前だと相手を傷つけることになり、相手を逆上させてしまいストーカー被害や刺されるといった事件に発展することもありえます。
あくまで口調も相手を気遣い一方的に言うのではなく、相手の気持ちを尊重しつつもはっきりと気持ちを伝えることが必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加