好意 既婚男性 好き避け 下心

既婚男性の好意、好き避けに潜む下心

スポンサーリンク

 たいていの人間は恋愛ごとに強い興味や関心があります。
ニュースや週刊誌などで報じられる有名人のゴシップ記事を何となくチェックしている人は少なくありません。
 では、既婚男性は社会的立場や家庭などもあることから、そういうことに興味をなくしているのかと言えば、そうでもありません。
危険を承知で新たな恋を求める人は、実はたくさんいるのです。
 既婚男性の好意を見抜く方法としては、視線を確認するのが容易です。
いつも特定の女性ばかり見つめているのであれば、少なくとも相手に対し異性として興味を覚えていることになります。
 しかし、下心を丸出しにすると、相手から警戒される上に周囲から白い目で見られることになりかねないので、基本的にそれ以上のことをしない人が多数派となります。
 そして彼らは好きな相手をわざと避けるようになります。
これが好き避けです。
 この行為自体は、学生時代でも見られるものであるため、さほど珍しくはありません。

スポンサーリンク

 下心と好意を隠す既婚男性がやるものとしては、メールの返信速度が速くなるというのがあります。
 これは表向き相手のことが好きだと言えないので、間接的な表現でそれが表されることになるのです。
 そしてこのときはメールの回数や一回当たりの文章量が増加する傾向にあります。
好き避けをする人は、他人の目がないところでは、饒舌になることがあるのです。
 彼らの好意や下心が比較的素直に表されるのは、職場で開かれる飲み会となります。
彼らは気になる相手の近くに、意識して陣取るようにします。
 これは1対1で飲みに誘うのは、立場的にも気分的にも難しいが、同僚としてコミュニケーションを取るという形にすれば、遠慮なく相手に近づけるからです。
 そしてこのとき、アルコールの力を借りて関係の進展を図る人もいます。
これは足りない勇気を酒で補うという、昔から好まれてきたスタイルを踏襲したものとなります。
 既婚男性と無用のトラブルを抱えたくない女性は、好き避けのサインを見抜き、避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加