好意 女性 好きな人 無視 好き避け

女性が好意をもった好きな人を好き避けや無視してしまう理由

スポンサーリンク

 女性は好意をもった好きな人には、素直に好意を伝えることが多いです。
しかし、中には、好意をもっていても、好きな人を無視をしてしまったり、好き避けをしてしまう人もいます。
そういった女性には、特徴があります。
それは、恥ずかしがり屋で、自分の思っていることを素直に伝えられない性格だということです。
これは、いわゆるあまのじゃくと呼ばれる人です。
こういった女性がなぜ無視や好き避けをしてしまうのかというと、嫌われることが怖いからです。
もしも、余計なことを言ってしまって嫌われたらどうしようという不安が、そのような行動を起こしてしまいます。
そういった場合への対処方法は、簡単です。
何があっても絶対に嫌いにならないという気持ちを見せることです。
無視や好き避けをしてしまった時には、罪悪感を抱いています。
そのため、もしもそういった態度をとられても、気にしない素振りを見せるとよいでしょう。
いつも通りに接していくことで、次第に、心を開いてくれます。

スポンサーリンク

また、好きな人に好き避けや無視をしてしまう理由に、恥ずかしいからという理由もあります。
よく好きな人の目を合わせられないという言葉がありますが、まさにこういった状況です。
本人は、無視や好き避けを好きでしているわけでなく、照れているだけです。
こういった場合には、気になってしまうかもしれませんが、気にしないことが1番大事です。
ゆったりとかまえて待っていると、少しずつ女性も慣れてきます。
無視や好き避けをすることも減ってくるでしょう。
また、人目を気にしないところで、話すことも大事です。
このような女性は、周りの目を非常に気にします。
誰に見られているかもわからない場所であると、そわそわとしてしまい、落ち着いて話すことができません。
そのため、勇気を出して、2人だけでゆっくりと話せる機会を作ると良いです。
落ち着いた環境であると、普段は見ることのできない姿を見ることができます。
どちらの場合も、男性としての懐の深さを見せることがポイントです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加