好意 職場 好きな人 無視 好き避け

職場で好きな人に好意を無視される、好き避け

スポンサーリンク

 職場における人間関係とは難しいものがあります。
仲がよくなりすぎるとなあなあになり、締まりがなくなりますが、険悪すぎると足の引っ張り合いになり、それこそ収拾がつかなくなるからです。
 とは言え、毎日顔を合わせている相手に好意を抱くなというのは無理があります。
相手が既に結婚していたり特定の交際相手がいるのならば無理でも、フリーの相手にアタックするのは個人の自由です。
 しかし、好きな人に好意を無視されるということはときに起きます。
それがショックになるという人は少なくありません。
こちらは気持ちを表しているのに一体何故となります。
 これは相手が色恋沙汰にうとく、その気持ちをくみ取ってくれないという可能性もあります。
社会人になるまで恋愛とは無縁の環境で過ごしてきた人ならば珍しくない話です。
 では、相手もこちらのことを好きらしいのに避けられているという場合は何を意味しているのかと言えば、それはいわゆる好き避けの可能性があります。
 好き避けとは好きな人だからこそ避けるというのを、その特徴としています。

スポンサーリンク

 職場で好き避けをしてしまう人は、白黒はっきりつけるのを嫌う傾向にあります。
これは好きか嫌いかを決めてしまうと、後で人間関係がこじれる恐れがあるためです。
 どんな職場もある意味チームプレイで成り立っているということを思えば、これは無理のない反応だと言えます。
 そのため、彼らは好意を抱いている相手を無視するという態度を取ります。
関係を進展させなければ問題も起きないという、消極的な防御姿勢です。
 もっとも、そうした態度を取る人は、好きな人からメールが送られてきたりすると、割と饒舌になる傾向にあります。
直接好きだと言えない分、間接的に気持ちを表現できる場になると、正直になるのです。
 また、無視を続けていても気がついたら近くにいるということもあります。
これは完全に遠ざかるのを潔しとしない心理の表れだとも言えます。
 こういう相手への接し方は、一度遠ざかることとなります。
 これは押しても駄目なら引いてみろという理屈です。
遠ざかることにより注意を引くことができるというのを、意識してやってみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加