好意 好き避け 男性 職場

男性が職場で恋心を抱いた時は好意を隠して好き避けします

スポンサーリンク

 会社の職場などで社員同士に恋愛感情が生まれると、それを育むのがとても難しくなります。
職場の同僚の目があるので知られたくないという意識が働くからです。
もし知られた場合でも恋愛が結婚につながればいいのですが、もし破綻した場合に職場に居づらくなります。
そのため女子社員が配属されてきた時に男性の中に恋心が生まれたとしても、好き避けという態度を取ることになります。
職場の中では好意を持っていることすら、知られたくないという感情が男性には生まれます。
好き避けが起こる原因として、男性にはプライド意識強いということがあります。
普段親しく接している職場の同僚たちに、失恋したり傷ついた自分を見られたくないという思いが強いのです。
それだけ好きな女性に対して素直に心が開けなくなるのです。
その代わり好きでもなんでもない女性とは普通に会話ができますし、違和感なく接することができるのです。
それは好きという感情がないからです。

スポンサーリンク

女性にとって意中の男性と巡り会った時、彼の方が妙に視線をそらせたりよそよそしい態度を取ったとしても、嫌われていると思わない方がよいです。
自然に接していれば彼が自分に好意を持っていることがわかる瞬間がやってきます。
例えば、彼の方に恋心があれば仕事中にじっと見つめることがあるはずです。
いくら好き避けの態度を取っても、好きという感情を抑えることはできないのです。
その感情は色々な形で出てしまうものです。
もし熱い視線を感じるような時は、女性の方から好意を見せると男性の鎧のような心が少し開けることができます。
その時に好意の示す場所が大事です。
職場の目がないところを選ぶのです。
例えば廊下ですれ違う時に笑顔を見せるだけでもいいのです。
同僚の目がないところでは彼の方も気を許します。
そのような機会を何回か重ねていけば、スムーズに恋愛関係を築くことができます。
好き避けをする男性は熱い情熱を心に秘めていることが多いので、関係が出来上がれば良い恋愛ができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加