好意 好き避け あるある

好意ー好き避けあるある

スポンサーリンク

 本当は相手の事が好きなのに、全く逆の態度や行動をしてしまう好き避けと呼ばれる行動を取る人が増えているそうです。
特に女性に増えているそうですが、増えている原因にはメールなどのツールを活用し過ぎて実際に面と向かって話すことが苦手になっている人が多いことが原因の一つです。
好き避けをする人は自分の気持ちが上手く伝えられない人が多いのですが、若い人全体がそういった対面してのコミュニケーションが苦手になっている傾向がみられます。
もし、好意を持っている女性が突然あなたの事を避けだしたら悲しいですが、それは相手も好意を持っているが故の好き避けかも知れません。
ここでは好き避け女性のあるある行動をいくつか紹介していきます。
まず、眼は口ほどにものをいうとよく言います。
態度では嫌っているように見えても好意を持っている相手の事は気になって仕方ないのです。
あるあるの行動の一つとして、常に好意を持っている相手を見ているというのがあります。

スポンサーリンク

もし、避けられている女性と目線がよく合うというのは普通に考えたらおかしいですよね。
本当に避けられているならば目も合わせたくないと考えるはずです。
目線が合うというのは相手もあなたが気になって見ているという何よりの証拠です。
次に、なぜかいつも近くにいるというのもあるある行動の日一つです。
好き避けだから、本当は近くに居たくて話したくて仕方がないわけです。
だから、会話は出来なくてもせめて相手の近くには行こうといつも近くにいる訳です。
もし普段避けられている女性が飲み会などでいつも隣に座っているようであれば、それは好き避けである可能性がかなり高いです。
こちらから相手の気持ちを確かめるのに最適な方法としては、用事をお願いするというのがあります。
しかも、簡単な物ではなくてちょっと面倒なお願い事です。
嫌いな人であれば間違いなく忙しいからと断るでしょう。
もし普段避けていてもちょっと面倒なお願い事でも聞いてくれるのであれば脈ありである可能性がかなり高いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加